トップページに戻る > お知らせ > 小八郎岳と烏帽子ヶ岳の登山

ひとつ前のページへ戻る
最終更新日:2017年4月18日(火曜日) 17時00分  ID:2-14-425-1964     印刷用ページ

小八郎岳と烏帽子ヶ岳の登山情報発信元:商工観光係


●小八郎岳と烏帽子ヶ岳の登山●

南信州伊那谷と南アルプスの眺望では、県下随一といわれる小八郎岳と烏帽子岳。

鳩打峠の登山道入り口から、小八郎岳山頂まで約1時間、烏帽子岳山頂まで約4時間の行程です。
2016年には信州山の日に「ふるさと登山」が行われ、秋には烏帽子岳山頂に新しい標柱が、登山道には数々の案内板がつけられました。
新しく「ふるさとの山」登山ガイドブックも製作されました。

登山届を必ず提出して、安心・安全な登山を心がけましょう。


▲小八郎岳 (こはちろう) 

 ・標高1470m 鳩打峠〜約40分
 ・初心者の方でも比較的簡単に登ることが出来ます。
 ・眼下に伊那谷中部の眺望が楽しめます。
 ・小八郎山頂に山岳名表示盤が設置されました。
  15年9月、町内の篤志家の皆様の手により≒600kgの石盤が設置されました。
  山頂で南アルプス・中央アルプスの山々の名前や距離を確認して見てください。 (縮尺は約 1/47,000です)




▲烏帽子ヶ岳(えぼし) 標高2194m 鳩打峠〜約4時間30分 小八郎岳〜約3時間50分

 ・鳩打峠〜小八郎岳を経由して烏帽子ヶ岳を目指します。
 ・装備を整え登山してください。
 ・飯島町七久保からの新ルートが開設されました。
・2016年、山頂の標柱が新しくなりました。
 ・念丈倶楽部の皆さんにより、池ノ平山〜念丈岳〜大島山〜本高森山〜高森カントリーまでのコースの手入れが行われています。
 ・登山道は小八郎岳・烏帽子ヶ岳とも篤志家の皆さんが整備されていますが、危険箇所は充分注意してください。

★烏帽子岳から念丈岳・大島山・本高森山のルート
イワカガミ・シャクナゲの群生地があり、所々に南アルプス、中央アルプス、北アルプス、御岳、乗鞍岳の展望の良いよころがあり、楽しい登山ができます。
なお、10時間以上の歩きとなりますので、健脚で登山経験がある方向きです。

 参考タイム 
鳩打峠→小八郎岳≪1時間30分≫→飯島分岐≪1時間30分≫→烏帽子岳≪50分≫→
池ノ平山≪1時間≫→念丈岳≪2時間≫→大島山≪2時間20分≫→本高森山≪1時間40分≫展望台≪50分≫→高森登山口

●ふるさとの山 小八郎岳・烏帽子岳登山ガイドブックは、下記の添付書類をごらんいただくか、「交流センターみらい」または役場産業観光課にて配布しています。
●平成29年4月より小八郎岳・烏帽子岳の登山道入り口が変更になりました。
 昨年までの入り口辺りの崩落が激しいので、10m程手前の旧登山道入り口に変更されました。(下の写真中央参照)ご協力をお願いいたします。

●小八郎岳・烏帽子岳に登頂された皆さんに、登頂記念缶バッジをプレゼントしています。
 まつかわ温泉「清流苑」または交流センターみらいの窓口で、山頂での写真をお見せいただくと、缶バッジを一つ進呈しています。その際には、登山アンケートへのご協力をお願いいたします。

 
烏帽子岳、念丈岳の登山案内のルート図は添付ファイルからご覧ください。


 交通案内

▲松川インターから鳩打峠への道順 (一例です)
 @インターを降り東に直進
 A2つ目の信号(東浦)を左折し
 B松川大橋を渡り
 Cふるさと農道沿いの上片桐保育園前信号を左折(西に)(信号脇に登山道看板が見えます)
 D中央高速道のボックスをくぐり
 E片桐神社を右に見て
 F林道小八郎線を西に進む
 G林道終点が鳩打峠です

▲鳩打峠の駐車場

  • 普通車約20台程駐車できます。譲り合って利用してください。

▲マナーと注意事項

  • 簡易トイレを鳩打峠に設置しました。(4月〜11月上旬)

  • ごみは必ず持ち帰ってください。

  • ペットは生態系を破壊する恐れがあります。ペットを山にいれないでください。

  

!マナーを守って楽しい登山を!


関連リンク


関連書類 ※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)


地図(Googleマップ)

県道15号線の看板の位置


カテゴリ

  • 観光情報
登る
最終更新日:2017年4月18日(火曜日) 17時00分  ID:2-14-425-1964     印刷用ページ

トップページに戻る > お知らせ > 小八郎岳と烏帽子ヶ岳の登山