トップページに戻る > お知らせ > 特定外来生物「ウチダザリガニ」を持ち出さないで!

ひとつ前のページへ戻る
最終更新日:2016年7月28日(木曜日) 00時00分  ID:2-25-2759-5770     印刷用ページ

特定外来生物「ウチダザリガニ」を持ち出さないで!情報発信元:環境係


 片桐ダムや、山堤など町内の農業用ため池では、特定外来生物「ウチダザリガニ」が繁殖し、在来の生物環境等に大きな影響を及ぼすことが心配されています。

 夏の水遊びシーズンとなりましたが、生息の拡大を防ぐため、「ウチダザリガニ」を偶然捕まえた場合であっても、生きたまま持ち帰ることや、他の場所に移動させることは、法令で禁止されています。絶対に行わないようにしてください。

◆ウチダザリガニとは
・原産地は、アメリカ北西部
・15cmを超える、大型のザリガニ。
・繁殖能力が強い。魚類、底生生物、水草などを捕食する。
・高温や汽水環境に耐性があり、さまざまな水域に生息できる。
・1926年より水産資源として北海道に導入された。
・ニホンザリガニ(環境省レッドデータブック:絶滅危惧U類)と巣穴を巡る競合が懸念されている。他の小動物を捕食して生態系を攪乱している可能性が高い。
・はさみに注意
(環境省ホームページから)



◆ウチダザリガニを採って、他の場所へ放ったり、飼育するなど
法令に違反した場合、重い罰則が課せられます。

関連リンク


カテゴリ

  • 町民の方へ
暮らしと生活
  • 観光情報
見る
最終更新日:2016年7月28日(木曜日) 00時00分  ID:2-25-2759-5770     印刷用ページ

トップページに戻る > お知らせ > 特定外来生物「ウチダザリガニ」を持ち出さないで!