トップページに戻る > お知らせ > 町長の談話 2017年8月7日(月)

ひとつ前のページへ戻る
最終更新日:2017年8月9日(水曜日) 00時00分  ID:2-11-1864-6623     印刷用ページ

町長の談話 2017年8月7日(月)情報発信元:広報

毎週月曜日町長が職員向けにお話している内容を要約して掲載します。  

 【8月7日(月)】 

 今、台風5号が四国付近に停滞しています。日本を縦断するのではないかと予想されており、今後の進路については十二分に気を付けていかなければならないと思っています。
 先週、町村会の政務調査会で、小川村へ出張しました。長野市・大町市・白馬村の中間あたりにあり、人口4,000人弱の山間の村です。「おやき」を始めた小川の庄へも視察に行きました。山の中腹にあり、古い民家を改装して食事ができるようになっています。行くまでの道は舗装されているものの、狭い山道でした。会社設立から30年ほど経過していますが、「おやき」という単品で年間30万人ほどのお客さまを呼べるということは、すごいことだと思いました。また、小川村は林業にも力を入れています。民間の方が里山の整備で切った木を林業公社が買い取り、木を薪にします。その薪を施設や民間の方々に販売していました。人口減少については、村長も同じ悩みを抱えていましたが、活気にあふれた村だと感心し、勉強になった次第です。
 また先週は、3つの期成同盟会の総会がありました。松川インター大鹿線の道路の期成同盟会、伊那生田飯田線宮ヶ瀬橋促進の期成同盟会、小渋砂利交通安全連絡協議会の総会が、それぞれ開催されました。伊那生田飯田線では、宮ヶ瀬橋の架け替えをしていますが、それに伴う道路改良を進めてもらいたいという要望を出しています。松川インター大鹿線では、小渋線についてトンネル2つの工事に入っており、拡幅ということで今後進んでいきます。小渋川は砂利の採取が多い川です。それに関わっている方々が、自分たちでルールを決めて協議をし、交通安全に務めています。これからリニアの工事なども進んでくるわけですが、このような協議会があって、はじめて秩序が保たれた交通が確保されているということも、承知しておいてください。
 土曜日には、町村対抗の職員の球技大会が開催されました。結果は負けてしまったようですが、慰労会は盛り上がったようです。お互いに情報交換、絆を深められたのではないかと思います。今後の仕事の場で活かしていってください。
 暑いですが、今週も頑張りましょう。


 松川町長 深津 徹




カテゴリ

  • 町政情報
町長の部屋
最終更新日:2017年8月9日(水曜日) 00時00分  ID:2-11-1864-6623     印刷用ページ

トップページに戻る > お知らせ > 町長の談話 2017年8月7日(月)