トップページに戻る > 手続き・申請・業務 > めばえ支援事業 (不妊治療補助)

ひとつ前のページへ戻る
最終更新日:2015年8月25日(火曜日) 16時35分  ID:4-13-421-944     印刷用ページ

めばえ支援事業 (不妊治療補助)情報発信元:保健予防係

不妊治療を受けたご夫婦に、以下のように治療費を助成します。

○対象者
松川町に住所を有した日から1年以上経過し、かつ現に松川町に住所を有する不育症及び不妊症の夫婦。

○対象となる不妊・不育治療
医師の診断を受けた不育症及び不妊症に係る保険適用外の治療費(検査費及び診療費)で、町長が認めたもの
※対象となる治療が長野県の実施する不妊治療費助成事業の対象となる治療(体外受精・顕微授精)については、県の助成を先に受けていただき、県の助成を差し引いた額を助成します。

○助成の額及び期間
申請は、年度内(4月〜3月末)に要した治療費とし、50万円を限度に全額交付します。
年度(4月〜3月末)に1回の申請となります。
ただし、長野県の実施する不妊治療費助成事業などの補助金を受けた場合は、その金額を差し引き致します。
助成金の申請の時効は、診療月の翌月の1日より起算して1年間です。
例:診療月が4月15日の場合、翌月の1日となる5月1日より1年間の期間。

○申請について
1、申請をスムーズに行うため、治療を開始された際は、お早めにご連絡ください。
2、治療終了後、交付申請書を提出します。
※申請が、3月末までに間に合わない場合は、事前にご連絡ください。

○≪必要書類≫
@めばえ支援助成金交付申請(請求)書(様式第1号)
A不妊症・不育症のための治療が必要である旨の医師の意見書
B治療を受けた医療機関の発行する領収書の写し
C長野県不妊治療・不育治療費助成決定通知書(県の助成を受けた方のみ)
 ※必要書類については、関連書類をご参照ください。


 詳細は関連書類をご参照ください。また、ご不明の点がありましたら役場保健福祉課保健予防係(0265-36-7034)までご連絡ください。



関連書類 ※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)


カテゴリ

  • 町民の方へ
出産・子育て
ライフイベント
最終更新日:2015年8月25日(火曜日) 16時35分  ID:4-13-421-944     印刷用ページ

トップページに戻る > 手続き・申請・業務 > めばえ支援事業 (不妊治療補助)